トップ>和足し暮らし葬儀 告別式>


家族が亡くなってから1年間を喪中といい、冠婚葬祭のお付き合いを遠慮することがありましたが、現代ではで七七忌日の法事がすむと通常のお付き合いに戻ることが多くなりました。

■ 年末年始のお付き合い  ■

  • ・仏教のしきたりによって死後一年間を「喪中」とし、お祝い事やお祭りには参加を遠慮するのが通例です
  • ・最近では、「忌明けの法要」(四十九日)後通常のお付き合いにもどることが多くなりましたが、もし、各種の行事に参加を希望する場合は相手の意向を聞いてから判断します
  • ・新年のお正月行事や飾り物はつつしむものとされ現在でも一般的に守られています

■ 年賀欠礼ハガキ ■

  • ・身内の不幸で年賀状を失礼するお知らせを「年賀欠礼ハガキ」といい、相手が年賀状の準備を済ませる前の11月中旬から12月初旬頃までに出します
  • ・喪中を知らない人から年賀状が届いた場合は、松の内(1月7日地方により15日)を過ぎてから「寒中見舞い」として服喪のお知らせをします
  • ・本来は2親等までの不幸に対して出していましたが、最近は1親等までにされることが多くなりました
 家族親族等級 
  • ・年賀状を出してしまった後に身内の不幸があった場合は改めて年内に死亡通知をだします

【お歳暮 】

  • ・お祝い事ではないので、喪中に関係なくやりとりしてもかまいませんが、忌明けの法事(四十九日)前は遠慮したほうがいいでしょう
  • ・ 年内にお歳暮を贈らなかった場合は、時期を変えて「寒中見舞」として季節の物や旅行先などから産地の物を送るのも一つの方法です
  • ・紅白のし紙や水引きを掛けることは避け、奉書紙1枚を掛けて表書きと名前をかきます
のし紙  奉書
表書き  御歳暮
下の名前 苗字   フルネーム

【クリスマスカード 】

  • ・キリスト教では死を忌みきらうという考えはないので喪中の人が(相手が喪中でも)クリスマスカードを送っても差し支えありません
  • ・日本人に送る場合は、気にする人もいるので地味なカードを選ぶかグリーティングカードにし、新年を祝う言葉は控え、励ましの言葉などを書きます

【寒中御見舞 】

  • ・目上の人には尊敬の意味を含めて「寒中御伺」とします
  • ・正月松の内(1月7日地方により15日)が終わってから立春(節分)までに出します
  • ・はがきは年賀用でなく季節柄を使います