トップ>和足し暮らし葬儀 告別式>


通夜 葬儀 法事など弔事のお付き合いは、年がたつにつれて黒の喪服から次第に地味な色の服装や略式のスタイルをしてもかまいません。しかし、服装は故人への気持ちを表すことになるので、「ふさわしい服装」を考えてみましょう

  • ・訃報は急なことが多いのですが弔事の服装とマナーは、故人との関係で違ってきます
  • ・会社から直接参列する場合の服装は略礼装でかまいませんが、会社の職場や地域の代表として参列する場合は喪服を着用します
  • ・案内状に「平服で」と書かれていた場合はフォーマルより一段略式の服装で参列します。決して普段着ではありません。
  • ・地方により独特のしきたりがある場合があるので、詳しい人に聞いておくことも必要です
  • ・会葬者は、喪主やお別れ会の主催者より格の高い服装をしては失礼とされています
  • ・コートは、基本的には出棺時には脱ぐのが礼儀ですが、厳冬や雨天の場合は着用してもかまいません
  • ・通夜 葬儀のお手伝いをする場合は、和式の割烹着か黒のエプロンを用意しましょう
  • ・女性のお化粧は、極力控えめにするのが心遣いですが、ノーメークでは失礼になります。また、ヘアースタイルは、ボリュームを抑えてシンプルにまとめましょう
  • ・ネイルは派手な色は慎み、手袋を使用する場合は焼香をするときは外しましょう

■ 通夜 葬儀 告別式  七七忌日の服装 一周忌 三回忌 ■

喪服 男性 黒スーツ 白無地ワイシャツ 黒ネクタイ 黒革靴 
女性 黒長袖ワンピースかスーツ 黒の布バック 黒パンプス アクセサリーは真珠が無難です 
帽子 手袋を使用する場合は、黒一色のデザイン性の少ないもの
和装の場合は、一周忌までは黒の本喪服を着用しますが、一周忌以降は半喪服を着用します
【半喪服】 地味な色無地や小紋の着物に黒の帯 帯揚げ 帯締め

■ 偲ぶ会  三回忌以降の法事 ■

平服 男性 ダークスーツ 白無地ワイシャツ 黒ネクタイ または 地味な色のネクタイ 黒革靴
女性 黒 紺又は濃いグレーの無地ワンピースかスーツ 黒パンプス 黒のバック
帽子 手袋を使用する場合は、黒一色のもの 
ノースリーブや肌が透ける服装、光るアクセサリーや厚化粧は避けるようにします
特に注意が必要なのは、色柄のある服装、香水や大きなバック、爬虫類のバックや靴はタブーです

■**□ 夏の喪服のマナー□**■

夏のお通夜や葬儀には礼儀にかなう範囲で暑苦しくない服装で、しかし、暑いからと軽装で出席することは避けたいものです。大切なのは、「故人への気持ち」を表現することです
男性 夏物の黒の喪服が一般的です。
喪服のワイシャツは半袖でもかまいません
女性 パンツスーツでもかまいませんが、あまり脚にぴったりするものはふさわしくありません
ブラウスを着る場合は、半袖以上の袖があり、胸や背が開きすぎないデザインもの
最近ではレースの上着は一般的になってきましたが、肌がすけて見えるはシースルー素材は避けましょう
普段着を連想させるもの、上下がチグハグな素材のものなど「間に合わせ」を印象づけるものはやめましょう
サンダルはカジュアルなものなので飾りのないパンプスや上品なバックベルトのものにしましょう

帽子や手袋は黒でなければいけません。日傘は、白 生成り 黒がいいでしょう

サングラスは、式場に入る前には外しておきましょう
汗を拭うハンカチは白を基調にしたものにしましょう