トップ>和足し暮らしのし袋>


包むということは、包まれた物に宿る穢れ(けがれ)を清めるという意味があり、特にお金は、物の売り買い以外ではむき出しのまま渡すことをせず、和紙や布に包んで渡すという習慣があります。 冠婚葬祭で使われるのし袋や風呂敷は、そのような意味からその時代やお付き合いの場面に合わせて形式を整え、その冠婚葬祭の格式をも表現するツールとして広く使われるようになりました。

■ のし袋 表書きのお作法 ■

【慶事表書きは濃い墨の色】

お祝や季節の贈り物をする場合は、濃い墨で書きます

お祝   お礼   お見舞   内祝   心付け  御歳暮
御中元   粗品

【弔事表書きは薄い墨の色】

弔事は悲しみの気持ちを表すため薄い墨で書きます通夜   葬儀   告別式   法事   弔事のミサ  神式霊祭

■【表書きの名前の書き方】■

一人 二人 企業 
のし袋の下中央に自分の氏名を 書きます 目上の人を右側にして二人 並べて氏名を書きます  会社や役職の正式名称を書きます
三人以上
表書きには代表者名や所属団体名を書きます 白無地の別紙に合計金額 全員の住所氏名を目上の人から順に書いてのし袋の中に入れます。
日付は平成○○年○月吉日とします

■【渡す相手の名前を書く場合】■

・相手によって中の金額が違う場合や一度に大勢の人に渡す場合は、のし袋の左上に渡す相手の名前をかくことがあります ・渡す相手の名前を書いた場合、下の名前は、一人の場合は中央にかきますが、二人以上の場合は宛名に近いほう、すなわち左側に目上の人の名前を書きます

■【心付けの表書き】■

  • ・ 冠婚葬祭の儀式のお手伝いをしてもらった人にお礼のお金包みを渡すことがあります
  • ・少ない金額でもポチ袋などに包んで表書きをかいて渡すのがしきたりです
表書き 使い方
御礼 薄謝 一般的な表書き
御祝儀   寸志 目上の人にはつかえません
松の葉  ほんの気持ちですという意味があります
 【中袋の書き方】    のし袋の中に入っている無地の袋

金額を表す文字は、双方に間違いのないように表に漢数字を使って「金、OO円」と書きます 。中袋の裏に住所氏名を書きます

   壱  弐  参  四  五  六  七 八 九  拾 百  千 万 萬  円  

 【慶弔のし袋ののたたみ方】
慶事用 弔事用
喜びを受け止めるという意味で上を先に折りたたみ、下から重ねて折りたたみます 悲しみを流すという意味で下を先に折りたたみ、上から重ねて折りたたみます
袱紗のお作法

■ 慶弔の内包み ■

のし袋を自分でつくる場合や金額が多くて市販ののし袋に包みきれない場合は、半紙で内包みしてから奉書紙や檀紙に包みます。慶弔で包み方が違います。
【慶事 一般用】 【弔事】

■ 慶弔のお金の包み方 ■

内包みをしたお金は、奉書紙又は和紙で上包みをします。基本は和紙を少しずらして二つ折りにします。慶事 一般用は輪を左側に、弔事は右側にして包みます
慶事 弔事
 
市販ののし袋は弔事用でも白黒水引で見分けるためお祝用と同じ折り方もあります

■ 芳名録の書き方 ■

  • ・ 冠婚葬祭のお付き合いの場では「記帳」といって受付で芳名録に自分の住所や名前を記入する習慣があります
  • ・芳名録は、その会合を主宰する人の大切な記録として残るので、受付に用意された筆記具を使って自筆でていねいに書きましょう
  • ・自分の氏名は、枠の中に4:6のバランスで書くと文字が安定します
  • ・夫婦、家族の場合は、始めの人が氏名を書き、後の人は自分の名前のみ書きます
  • ・住所 氏名を書く場合は1行の中に書き会社名役職名も書く場合は2行にわたってもかまいません