トップ>和足し暮らしのし袋>


日本には、相手に渡す物を大切に扱うというお付き合いの心づかいがあります。お祝いやお悔やみの気持ちを届けるとき、のし袋を袱紗に包むということは、汚れ防止だけでなく「心から」というメッセージを届ける意味もあります。袱紗から出してのし袋を相手に渡すとき、ゆっくりと気持ちにゆとりをもってあしらいたいものです。

■ 正式な袱紗の使い方 ■

  • ・結納品のような品物を正式に持参するときは、白木の折敷(おしき)にのせ、家紋入りの袱紗を掛けて、更に家紋入りの風呂敷に包んで差し出します
  • ・略式の場合は、漆塗りの盆にのせ、袱紗を掛けて無地の風呂敷につつみます
  • ・相手の家についたら訪問の挨拶のあと風呂敷から品物を出し、袱紗をかけたまま正面を相手に向けてさしだします
  • ・受け取った相手は、お礼をのべてから別室に運び、品物だけ受け取って盆には「おうつり」といって懐紙や半紙を入れ、袱紗をかけて返すのがマナーです

■ 結婚式 一般お祝いに使う袱紗の色 ■

 
紫   赤 えんじ  ピンク  

■ 慶事の包み方 【台付き袱紗の右包みの意味】 ■

袱紗の台はお祝い用の色(えんじ)を表にして置きます のし袋の表書きを左に向けて置きます。袱紗は、番号の順に重ねて包みます のし袋を正面にした時に右から包むことになり、右包みといいます

■ 包み方の手順 ■

[1] 袱紗の爪が向こう側になるように広げ、台の色をお祝用にする [2] のし袋の上が左向きになるように置く [3] 下から重ねる
[4] 左から重ねる [5] 右を重ねる [6] 爪のある側を上からかぶせるように重ねる
[7] 爪を留める [8] のし袋を上に向けると右から包んだ形になります

■ 慶事の台付き袱紗のあしらい方 ■

[1] 袱紗をバックやポケットから出して、のし袋を正面にして持つ [2] 裏返して爪を外す [3] 台を裏返し広げる
[4] 上下を広げる [5] のし袋を取り出す [6] 袱紗を簡単にたたんでポケットやバックにしまう
[7] 表書きを相手に向けて両手で持って、お祝の言葉を添えて渡します

■ 葬儀 法事 お別れ会に使う袱紗の色 ■

深緑 グレー

■ 弔事の包み方【台付き袱紗の左包みの意味】 ■

袱紗の台は弔事用の色(グレー又は黒)を表にして置きます のし袋の表書きを右に向けておきます。袱紗は、番号の順に重ねて包みます のし袋を上にした時に左から包むことになり、左包みといいます
  • ■ 弔事の袱紗の包み方 ■

[1] 袱紗の爪が向こう側になるように置き、台はグレー又は黒を表にして置く [2] のし袋の表書きを右向きになるように置く [3] 下から順に重ねる
[4] 左を重ねる [5] 右を重ねる [6] 爪の方を上からかぶせるように重ねる
[7] 爪を留める [8] のし袋を上にすると左側から包む事になります

■ 弔事の袱紗のあしらい方 ■

[1] 袱紗をバックやポケットから出して、のし袋を正面にして持つ [2] 裏返して爪を外す [3] 台を裏返して右へ広げる
[4] 上下を広げる [5] ①番を広げてのし袋を取り出す [6] 袱紗を簡単にたたんでバックやポケットにしまう
[7] 表書きを相手に向けて両手で持ちお悔やみの言葉を添えて渡す

■ 札入れタイプの袱紗 ■

グレー  朱 ピンク
慶弔両用 弔事用 慶事用
  • ・のし袋を袱紗に差し込んで使います
  • ・慶事弔事の包み方の使い分けはありません。紫は慶弔両用ですが、お祝用に赤やピンクの華やかな色の袱紗もあります