トップ>和足し暮らし香>

繊細な感性で四季折々の自然を愛し、自然と共に暮らしてきた日本女性は、古来、着物や髪の毛にそっと香りを焚きこめて艶やかさや美しさを控えめに表現していました。 美人の形容に「香りたつような」という表現があるように、香りは品格と美しさを印象づける方法として使われた歴史があります。
一方、香りの場は祈りの場でもありました。仏教は、花 ロウソクの光 香りを一体化して伝えられました。現代でも心を鎮めて祈りをささげるときや先祖の供養に香りは欠かせないものとされています。
香炉に焚かれた一片の香木からゆらぐほのかな香りを意識を集中して感じることを「香りを聞く」といい、日本の香り文化の最大の特徴です。特別な日だけでなく日常にも香りが放つ神秘的な力で心豊かな暮しを送りましょう

【香りの効用】

【香りの演出】 【香りのタイプ】

【香りの効用】 【香りの選び方】


【香材】

【白檀】 【沈香】 【伽羅】

【その他の代表的な香木】 【香りの種類】

【仏用線香】

【線香の種類】【お供えの表書き】

【お仏壇のお供え物】 【ロウソク】


【数珠】

【合掌】 【念珠 数珠】 【念珠の名称】