トップ>和足し暮らし12月>


Christmas 又はXmasと書いてクライスト(キリスト)とマス(ミザ)の合語

クルスマスカードは早めに出してイブの夜までに届くようにしましょう 贈り物を渡す場合は、品物に添えて必ずカードを書きましょう


■ 12月24日 クリスマス イブ ■

  • ・イブはeveningのこと 
  • ・聖者の祝日の前日 または、教会の催し物の前日を言う

■ 12月25日 ■

  • ・キリストの降誕日
  • ・キリストとはヘブライ語のメシアーク(救世主)のこと
  • ・実際の誕生日ではなく「誕生日を祝う日」
  • ・キリストの誕生から12日目の夜、星に導かれた三賢者(占星術の学者)がキリストを礼拝したといわれる1月6日を公現節とされていましたが、ローマ法王のユリウス2世が12月25日と決めました
  • ・古代ローマでは、12月25日は冬至を祝う日とされ、新しい太陽の生命を喜び祝う祭りの日でもありました
  • ・キリスト教の布教の時に、新しい生命と実りをもたらす太陽の誕生と人々に新しい希望をもたらす神の子の誕生が重ね合わされてこの日が誕生日となりました。
  • ・三賢者は、王の象徴として「黄金」神への信仰として「乳香」愛の印として「没薬」をお祝いの品としました

■ クリスマスツリー ■

  • ・もみの木に美しいオーナメントを飾ります
  • ・もみの木のデコレーションはドイツで始まったとされ、イギリスに伝わってから盛んになりました
  • ・ツリーの根元には、色とりどりの包装紙やリボンで美しく包まれたプレゼントが積まれていて、子供たちはクリスマスの朝早起きしてプレゼントを開けてみるのです
  • ・日本のお雛様が何代にも受け継がれているように、クリスマスオーナメントも何世代にも受け継がれているものが多いようです


■ サンタクロース ■

  • ・セント ニコラス(聖 ニコラス) 子供の保護聖者
  • ・具体的なイメージは、アメリカ人の聖書学者の書いた詩の中で生まれたといわれています
  • ・赤と白のお馴染みのコスチュームは、1931年にコカ・コーラ社が宣伝のために自社のイメージカラーの赤と白の衣装を着てたくさんのプレゼントを詰め込んだ大きな袋をかついだ姿のサンタクロースを発表してところ、爆発的な人気になり、以後、この姿が一般的になりました