トップ>和足し暮らし11月


11月15日は「七五三」です。七五三は、子供が七才、五才、三才の年に厄除けと社会の一員としての自覚をうながし、健康と幸せと長寿を願って氏神様にお参りするお祝いです。昔は「七つ前は神の子」といわれ、社会の一員と認められず何の責任も問われませんでした。 現在、義務教育が7歳から始まるのもこのような背景からと考えられます。


■ 七五三の祝年 ■

七歳 【 帯解の祝い 】(おびときのいわい)

  • ・ 七歳の女児が子供用のつけ帯を解いて大人の帯をしめるという儀式です
  • ・ お祝の帯を贈るのは親代わりになれるような女性で「帯親」といいます。第三者がかかわることで社会の一員として仲間入りする自覚を持たせる意味があります
  • ・ 晴れ着は、本裁ちの着物を肩上げして着ます

五歳【 袴儀の祝い 】(はかまぎのいわい)

  • ・五歳の男児が始めて袴をはく儀式です。袴の紐を結ぶ人を袴親といい、その子の後見人(こうけんにん)ともなる人で、人格が立派で信頼できる人が選ばれます
  • ・子供は、碁盤の上に乗り、四方に向かって神に祈ります。どちらに向かっても人生の勝負に勝つようにとの願いがこめられています
  • ・晴れ着は、紋付羽織に仙台平の袴を着ます

三歳【 髪置きの祝い】(かみおきのいわい)

  • ・三歳の男女が頭髪を伸ばすという儀式です
  • ・昔は、子供の成長にあわせて決まった髪形があり、年齢もその髪型でわかりました
  • ・生まれて三歳まで頭頂部の髪を丸く残して結び、周りを削ぎ落としていた髪をのばしはじめます
  • ・女の子の晴れ着は、着物の上に被布を着ます
  • ・綿帽子のように白い綿を頭に載せて、白髪になるまで長生きするようにと祈ります。綿帽子をかぶせる長寿の人を髪置親といいます

■ 千歳飴 (ちとせあめ) ■

  • ・紅白の棒状の飴で「長く伸びる」「千歳まで長生き」という子供の無事な成長を祈る縁起があります
  • ・七五三の日には、お祝をもらった親戚や近所に配られる風習がありました
  • ・「寿」や長寿を願う「鶴亀」が描かれた化粧袋に入っています

■ 神社へのお参り ■

  • ・前もって神社に「ご祈祷」の予約をして神官にお祓いをしてもらいます
  • ・家族揃って氏神様にお参りするのが
  • ・本来の意味なので、わざわざ遠くの神社に行く必要はありません
  • ・数え年で祝うのがしきたりでしたが、現在では満年齢でもよく、また、お参りが家族の都合で 11月15日前後になってもかまいません
  • ・お祓いの儀式は約15~20分程度です
  • ・両親は、子供より一段格を下げた着物を着ます。父親はダークスーツ。母親は和服の場合は訪問着又は色無地 洋服の場合はスーツ又はワンピースがお奨めです
  • ・神官にお祓いをしてもらったら御礼を渡します
神社への御礼
のし袋 紅白のし付き花結び5本水引
表書き 初穂料(はつほりょう)    串料(たまぐしりょう)
下の名前 子供の名前
目安の金額

¥3000~¥10000

神社で金額を決めているところもあるので、確認してみましょう


■ お祝を贈る ■

・お祝を贈る場合は、11月15日までに届けましょう。のし袋の表書きは祝年によって違います。目安の金額は、¥3000からですが、友人や親戚でも相手とのお付き合いの深さによって異なってきます

渡す相手 目安の金額 参考にする基準
友人の子供 ¥3000~ 子供への品物でもかまいません
親戚  ¥5000~2万円 普段からのお付き合いの深さできめます
甥  姪 ¥5000~2万円 普段からのお付き合いの深さできめます
¥3万円~ 写真や着物のレンタル料を参考にします

 

のし袋 のし付き紅白花結び水引
表書き 全ての年齢のお祝 七五三御祝 (しちごさんおいわい)
3歳のお祝 御髪置祝 (おんかみおきいわい)
5歳のお祝 御袴着祝 (おんはかまぎいわい)
7歳のお祝 御帯解祝 (おんおびときいわい)
下の名前 フルネーム

■ 内祝 ■

  • ・お祝をいただいたお返し「内祝」は身内の場合は、お祝の膳に招待すればお返しはいりませんが、その他の人には千歳飴やお赤飯を持って子供といっしょに御礼にいきます
  • ・遠方の人には、紅白の祝菓子やおめでたい柄の風呂敷などをお礼状を添えて送ります
のし紙 のし付き紅白花結び水引
表書き 内祝
下の名前 子供の名前
内祝は11月中に届くように送りましょう