トップ>和足し暮し>9月

昨今、地球規模で起こる世界的な異常気象の作物への影響は大きくなる一方です。次の世代を担う人たちに科学的な知識を伝えるとともに「自然と共に暮らす」日本の美しい暮らしぶりを「お月見」を通して伝えるのは、自然に感謝する心、環境に配慮する心を育てるキッカケになるのではないでしょうか。

■  旧暦の8月15日  ■

  • ・旧暦では月の満ち欠けを見て日付を決めており、新月のときが月の始まりの一日(ついたち)となり、満月になる頃が15日、その後また新月になる日に新しい月に切り替わります
  • ・新月から満月になるまでの日数が毎回15日であるとは限らないため、15日が満月ではない月もあり、その年によって中秋の名月は必ずしも満月ではありません
  • ・旧暦8月15日は年によって9月だったり10月だったりもするのです。旧暦では7月 8月 9月を秋の季節とされていました。その真ん中にある8月を仲秋といい、15日は、古くから中国では「中秋節」といって月を愛で宴をひらいて楽しみました。
  • ・日本でも「月見る月は多けれど、月見る月はこの月の月」と詠われた旧暦8月15日の月を「中秋の名月」といいます。
初秋 (しょしゅう)  新歴8月下旬から9月初旬
仲秋 (ちゅうしゅう)  旧暦8月15日 仲秋の名月
晩秋 (ばんしゅう)  新暦11月下旬から12月上旬

■ お月見の歴史 ■

  • ・中国から月見の風習が伝わった奈良時代には宮中などで月見の宴が開かれました
  • ・平安時代になると一年で最も美しいとされる「中秋の名月」には貴族の間で月にお供え物をし、和歌や詩を詠んで宴を開き船などに乗って水面に写る月を楽しむ舟遊びの宴が定着しました
  • ・江戸時代には欠けても満ちる月を生命や不死の象徴、再生のシンボルと考え、一般家庭でも「お月見」がたのしまれるようになりました

■ お月見の室礼 ■

  • ・農作物の収穫時期ということもあり、中秋の名月(十五夜)は、収穫した里芋をお供えしていた事から「芋名月」と呼ばれ、五穀豊穣を願い農耕の神様に感謝する行事となりました
  • ・旧暦の9月13日の名月は十三夜、又は「後の月(のちのつき)」といい、収穫された枝豆や栗をお供えすることから「豆名月」または「栗名月」とも呼ばれます
  • ・現代では、旧暦8月15日の夜、月が見える縁側や窓辺に月の神が宿るといわれる稲穂の代わりにススキとききょう等の秋の花を飾り、丸めたお団子を3~4段に積み重ねた月見団子・里芋・枝豆・栗などを盛り合わせて飾り、月見酒を楽しむ行事が行われています
  • ・地域によってお団子の材料や形は さまざまなバリエーションがあります
  • ・お団子の数は一般的に平年は12個、うるう年には13個お供えするといわれていますが、 十五夜にちなんで十五個という地域もあります
  • ・中秋の名月(十五夜)のときには15個、後の名月(十三夜)のときには13個をお供えする地域もあります。
一段目 9個 10個
二段目 4個   4個
三段目 2個   1個
  • ・お盆や籠に秋の実りを代表するサツマイモ 里芋 ナス トウモロコシ 栗 インゲン かぼちゃなどの野菜を飾ります
  • ■ 月齢 ■

  • ・月はいつも同じ面を地球に向けて回っています。月の満ち欠けの周期を「朔望」といい、約29日と半日で地球を一回り します
  • ・月が太陽と同じ方向にあるときが新月。しだいに日があたる部分が見えてきて、二日月三日月となります
  • ・新月から満月になる半月の間の月を上弦の月、満月から次の新月になる間の月を下弦の月といいます
盆の月 旧暦7月15日の月

二日月 (ふつかづき)

旧暦8月2日の月
繊月 (せんげつ) 月の剣ともいい、日没後明るいうちに出る月
三日月(みかづき) 若月(わかづき)眉月(まゆづき)ともいい、旧暦8月3日の月
七日月(なのかづき) 旧暦8月7日の月
八日月(ようかづき) 旧暦8月8日の月
九日月(ここのかづき) 旧暦8月9日の月

十日余の月 (とおかあまりのつき)

旧暦8月11頃の月 上弦の月より少し膨らんで見える

十三夜月  (じゅうさんやづき)

日本人の繊細な感性から美しいとされた満月になる前の少し欠けた月
待宵 (まつよい) 十五夜前日の8月14日の月

十五夜  (じゅうごや)

旧暦8月15日の満月  芋名月ともいいます

十五夜に月が曇に隠れたときは「無月」、雨が降った時は「雨月(うげつ)」といいます

十六夜 (いざよい) ためらうという意味の「いさよう」からついた名前で、満月より少し月の出が遅れる

立待月   (たちまちづき)

旧暦8月17日の月  日没から約1時間40分後に出る

月の出を立って待つうちに出てくる月

居待月  (いまちづき)

旧暦8月18日の月 

更に月の出が遅くなって座って待つほどにでてくる月

寝待月

(ねまちづき)

旧暦9月19日の月  臥待月(ふしまちづき)ともいう。寝て待つくらい遅くになってでる月

更待月 (ふけまちづき) 旧暦8月20日の月  更に夜が更けてから登ってくる月。10時ころにでる月

二十日余の月

(はつかあまりのつき)

旧暦8月21日頃の月
二十三夜月 旧暦8月23日の月   人が寝静まって、誰も見ない月にも名をつけて月への思いを残します
名残りの月 旧暦9月15日の月  二度目の月見  栗名月 豆名月ともいいます