トップ>和足し暮し>8月


残暑とは、立秋を過ぎた暑さの事。朝夕は、しだいに涼しくなっているのに日中は真夏を思わせる気温のことをいいます。

■ 残暑のご挨拶 ■

道で知り合いの人に出会ったり、親しい人のお宅を訪問したときの最初の挨拶に

「お暑うございます」という粋な言葉があります。その言葉には夏の盛りをすぎてもまだまだ残暑の厳しい日がつづきますが、お健やかに お過ごしですか という相手を思いやる気持ちがこめられているのです。

そんな気持ちをこめて、月遅れのお盆休暇を故郷や旅行先ですごし元気を 取り戻して帰ってきた人は、お世話になったり親しくなった人たち、又、ご無沙汰してしまっている人たちに残暑見舞をかきましょう。

■ はがき 便箋の選び方 ■

  • ・一手間かけて、和紙のはがきにこの夏心に残った場面などを絵手紙にして出すと受け取った人の記念の便りになります
  • ・一方、仕事や家事で忙しい、絵は苦手と いう人は、美しい季節柄の便箋やはがきを使えばそれでOKです
  • ・はがきは、まだまだ暑い日が続くので爽やかさが印象的なちょっと季節を先取りした柄を選ぶのがコツです

■ 基本の構成 ■

特に決まった形式や決まりごとはありませんが、批判的なことや自分のことばかり書いたりしないよう、受け取った相手への心配りを大切にしましょう。
・時候の挨拶の言葉

・手や家族の近況をたずねたり健康を気遣う言葉

・ご無沙汰のお詫びや自分の近況、報告などの言葉

・世話になった御礼の言葉

・相手との共通の話題や楽しかった事柄
・相手の無事や健康を願う言葉

 

■ 書き出しの文面 ■

日本語は季節の言葉の宝庫です。書き出しの文面は、夏の終わりと次の季節の言葉を合わせて使います。

・残暑厳しい日々がつづきますが、雲のながれに どこか秋の気配が感じられるころとなりました。
・暦の上では秋と申しますが、まだまだ残暑厳しい日が続いております。
・朝夕は、秋の気配が感じられる頃となりましたが、その後、お健やかにお過ごしでしょうか。
・子供たちの夏休みもあとわずかとなり、 新学期には一回り大きくなって学校に通い始めてくれること と楽しみにしております。