トップ>和足し暮し>7月


7月7日は七夕(たなばた)です。

天の川の東にすむ織姫は天帝の娘で、機織りが上手でいつも美しい天衣を織って暮らしていました。 天帝は、織姫が天の川の西に住む彦星と結婚することを許し二人は幸せに暮らしていたのですが、織姫はしだいに機織(はたおり)をしなくなり、彦星は農耕の仕事をしなくなってしまいました。 天帝は、怒って二人を別れさせ、織姫を天の川の東に連れもどしてしまいました。ただ、一年に一度、七月七日の夜だけ二人が川を渡って逢うことを許したのです。


■ 七夕の由来 ■

  • ・古くはお盆の行事に先立って行われる祖先の霊をなぐさめる前の禊(みそぎ)の行事であったといわれ、中国から日本へ伝わったのちに五節句の一つになり、七夕行事として定着しました
  • ・7月7日の夜、乙女が機を織って神をまつったことから「棚」「機」に七夕の文字が当てられました
  • ・彦星は夏の農耕の時を知らせる星として、また、織姫は巧みな機織りであったといわれていたことから、日常の針仕事や芸事、歌、文学などの上達を願う星祭りへと発展してゆきました
  • ・千三百年の昔から、天の川をへだてて一年間ずっと恋暮らしている織姫と彦星の恋物語は、日本の物語にもいろいろ取り上げられてきました
  • ・彦星は鷲座のアルタイル、織り姫は琴座のヴェガのことで、二つの星は七月に北の天頂にのぼり、天の川に並んでかかるのでこのような伝説がうまれました
  • ・6日の夜に芋の葉にたまった露を集めて墨をすり、梶の葉に歌を書くと字や文章が上手になるといわれ、また、願い事を書くと叶うといわれるようになりました
  • ・江戸時代になると梶の葉から五色の短冊に変わり、願い事も恋愛、良縁、幸福へと変わり、現代でも願い事を短冊に書いて笹竹に結びます
  • ・昔は、七夕の笹飾りは7日か8日の朝に麦わらで作った舟にのせて川に流す風習がありましたが、現代では環境に配慮して、その土地のルールに従って処理することをお勧めします

■ 織姫 彦星を探しましょう ■

  • ・7月7日は、日本古来の旧暦では8月から9月にまたがっています。海や山で夏休みを過ごす人 お盆の休暇で故郷に帰る人はチャンスです。夏の夜空は一年中で一番天の川が美しい季節です
  • ・午後9時過ぎに東の空を見上げて夜空に「夏の大三角形」を探してみましょう
  • ・天の川の真中あたりに輝く三つの星を明るい方から、「こと座のベガ」「わし座のアルタイ」「はくちょう座のテネブ」と言います
  • ・三つの星の中で一番暗い星が「デネブ」です。ここから南の方に向かって6個の星が大きな十字架の形に並んでいるのが「はくちょう座」
  • ・最も明るい星が「べガ」です。この星は日本では七夕の織姫星として親しまれています
  • ・ベガとそのすぐ側にある小さなひし形が「こと座」
  • ・天の川をはさんで「ベガ」と相対している明るい星が「アルタイ」で牽牛星といわれています