トップ>和足し暮し>7月


お中元の風習は、中国の民間宗教である道教に由来します。道教の年中行事である三元が、天帝に供え物をして一日中火を焚いて 人間の罪をつぐなう日であったことから日本の盂蘭盆会(うらぼんえ)の行事と7月15日の中元は一体化し、現在のお盆の行事や お中元の風習へと形を変えていったといわれています。

贈答の習慣は、江戸時代の商取引の風習からで明治時代になってからは、一般庶民も日ごろお世話になっている人に贈り物をする習慣になりました。

三元 (さんげん)

中世の中国で興った六つの王朝時代に中国三大宗教の一つである道教の祭日で、上元(じょうげん)は正月、中元(ちゅうげん)は7月、下元(かげん)は10月といい、「元」というのは始まりを意味し、それぞれの15日を指しています


■ 贈る時期 ■

  • ・首都圏では主に7月初旬から15日まで。地方では8月初旬から中旬までに贈ることが多いようです
  • ■ 贈る人のマナー ■
  • ・日頃お世話になっている人やその年に特別お世話になった人、普段会うことがなくても感謝の気持ちを伝えたい人に贈ります
  • ・御中元 御歳暮 内祝い 誕生祝などは目上の人には品物を贈るのがマナーです
  • ・近年、家族や親戚 友人など、より個人的なお付き合いのある贈り先を重視する傾向があります
  • ・デパートやインターネットのショップから直接送る手配をした場合は、品物が相手に届く前に日頃の感謝の気持ちや別便で品物が届くこと、贈り物を 選んだ理由、食品なら調理方法や食べ方などを手紙などで知らせる心配りを忘れないようにしましょう
  • ・品物は、お付き合いの程度によってちがいますが、食料品や日用品などで相手に喜ばれる物を選びましょう
  • ・日頃の会話やお付き合いの中から相手の好みや家族構成などを知っておくことも大切です
  • ・会社の上司やお稽古事の先生などに贈ることもありますが、会社やグループのしきたりをよく知っている人に相談してみるのもいいでしょう
  • ・実家の両親、兄弟姉妹、親戚に贈ることもあります。結婚式の仲人や主賓に招いた方に贈る場合は3年を期限にする場合が多いようです
  • ・品物は包装してのし紙をかけます
のし表書きのお作法 
のし紙 のし付き紅白水引花結び
表書き 御中元 7月15日頃まで(地方により8月15日まで)
暑中御見舞 7月16日から立秋まで
残暑御見舞 立秋~8月末
御礼 特別にお世話になったその年だけ贈る場合
下の名前 苗字     フルネーム
目安の金額 ¥3000~
  • ・本来は、お中元の品物を風呂敷に包んで持参し、日頃お世話になっている御礼を述べるのがマナーです
  • ・持参する場合は、相手に前もって伺うことを知らせ、都合の良い日時を確認しておくと丁寧です。伺う時間は、午前10~12時、午後14~16時くらいの 時間帯にして必ず食事の時間帯を避けましょう
訪問のマナー

■ 受け取った人のマナー ■

  • ・受け取った人はお返しの必要はありませんが、 品物が届いて中を確認した後すぐに電話やハガキなどでお礼の気持ちを伝えましょう
  • ・食品なら食べた感想などを話題にすると相手には嬉しい気持ちが伝わるでしょう

■ 喪中のお中元 ■

  • ・お中元は、お祝い事ではないので贈り主と相手方のいずれかが喪中であっても贈ってもかまいません
  • ・四十九日を過ぎていない場合は、七七忌の法要が終わってから贈る心づかいが大切でしょう。 のし紙や紅白水引は避けて奉書紙又は白無地短冊を使います
のし紙 白無地奉書    白無地短冊
表書き 忌中御見舞 御中元
下の名前 苗字      フルネーム