トップ>和足し暮し>5月


五月五日。 昭和23年7月、国民の祝日に関する法律によって「子供の人格を重んじ、子供の幸福をはかるとともに母に感謝する日」と定められています。

■ 端午の節句 ■

  • ・端午(たんご)の「端」は「はじめ」という意味で、月の初めの午の日をいいます
  • ・中国では古代から端午の日に野にでて薬草を摘み野遊びをして菖蒲を浸した酒を飲むなどして、神に祈って罪や災いを除く行事が行われました
  • ・端午の節句が五月五日になったのは漢の時代「端午」の午(ご)の字が五に通じるところから数字を重ねて祓えの意義を強調するようになったものです
  • ・この季節に咲く菖蒲は、葉の香りが高く邪気を祓い疫病を除くといわれるところから酒や湯に浸して飲む風習がありました
  • ・5月5日の節句の日には、菖蒲の葉を軒先につるしたり屋根に上げる、また、風呂の中に入れるなど厄除けの風習があります
  • ・江戸時代には中国の黄河の急流を登る鯉を男の子の健康と出生の願いを込めて鯉のぼりを仕立て、屋根より高く立てるようになりました
  • ・中国から伝わった節句のしきたりに加えて、平安鎌倉時代には流鏑馬(やぶさめ)が行われるようになり菖蒲の葉が刀に似ていることから、又、菖蒲が「尚武」と同じ音であることから、武者人形や鎧兜の置物が作られ菖蒲の花を飾るようになりました

□ 流鏑馬(やぶさめ) □

疾走する馬上から的に矢を射る、日本の伝統的な騎射の技術をいいます

□  尚武 (しょうぶ)  □

武道 軍事などを大切なものと考えること


■ 初節句のお祝い ■

  • ・男の赤ちゃんが生まれて初めて迎える端午の節句を「初節句」と言います。 生まれてすぐ(お食い染めが済んでいない)の場合は翌年にお祝いを延ばしたほうが落ち着いて準備ができるでしょう
  • ・初節句のお祝は、妻の実家から五月人形を贈る慣わしがありますが、最近では、住宅事情や生活の変化に伴い、小型の物や両親が好みの物を買い求めたりすることがあります
  • ・人形を贈る場合は、事前に赤ちゃんの親と相談して希望のものを買い求めるようにします
  • ・節句人形を飾る期間は、4月中頃には出して楽しみ、節句の日にお祝をしてから片付けます
  • ・親しい人たちがお祝を品物で贈る場合は、同じような物が重ならないように親と相談して決めます
  • ・お節句の日には、家族や近しい人を招いて初節句の祝膳を囲みます。集まる人の都合でお祝いを別の日にする場合は、お節句の前の都合の良い日を選びます
  • ・お祝をお金包みで贈る場合は、お節句の2週間くらい前からお節句の日までにします
のし袋 紅白水引花結び
表書き

初節句御祝 

祝初節句

名前 フルネーム
目安の金額 祖父母 ¥20,000~
その他 ¥5,000~

■ 内祝 ■

  • ・初節句のお祝のお返しは、祝いの席に招待することでかまいません。 遠方などで招待できない場合は、礼状を書き、祝菓子とスナップ写真などを添えて「内祝」を送ります
のし紙 紅白水引花結び
表書き 内祝
名前 子供の名前

 

お返し 内祝い

端午のお節句人形は、4月中ごろの大安の午前中に飾り、5月5日にお祝いをしてから片づけます。節句人形の飾り方や飾り物の種類は地方やメーカーによって違うことがあります

八足台 (はっそくだい) 主に神事で使用されるもので、片方に四本ずつ脚をもち、左右で八本の足がある台のこと
口花   (くちばな) 八足台に乗せる銚子の口にさして飾る造花の菖蒲の花

栴檀(せんだん)の板 鎧の部品で肺を守るための板
鳩尾(きゅうび)の板 鎧の部品で心臓を守るための板