トップ>和足し暮し>4月


新社会人にとって自分の責任で冠婚葬祭のお付き合いが始まります。しかし、何を用意すればいいのかどように使うのか、不安が一杯ではないでしょうか。お祝の品は、これから役に立つものを人生の先輩として贈ってあげましょう。

■ 就職祝 ■   自覚を促がす

  • ・社会人として、自分の責任でいろいろなお付き合いが始まります
  • ・ 冠婚葬祭のお付き合いに必要な物は、親 兄弟姉妹 先輩など親しい人だからこそ贈ってあげることができ、その上、使い方も一緒に伝えてあげると、これから始まる社会人としての自覚につながるでしょう
袱紗 数珠 風呂敷 便箋 はがき
  • ・ビジネスの場面で使う携帯品へのこだわりは仕事への意欲につながるといわれています
  • ・筆記具や手帳、名刺入れなど身の回りのものは上質で長く使えるものはもらって嬉しいものです

■ 女性のたしなみ ■

  • ・女性は、デスクの引き出しにソーイングセットや予備のハンカチ 櫛 爪きりなどをポーチに入れて「たしなみ」として用意しておくとトッサのときに役にたつでしょう
布加工品 タオルハンカチ ソーイングセット 印伝小物

■ 金封を贈る ■

  • ・「好きな物を買ってください」という意味でお祝にお金包みを贈ってもかまいません
のし袋 紅白水引花結び
表書き 就職御祝
下の名前 フルネーム
目安の金額 ¥5000~
  • ■ 手紙やカードでメッセージを贈る ■

  • ・金封や品物だけでなく人生の先輩から励ましの言葉やアドバイスを手紙やカードに書いて添えてあげましょう 手紙の書き方には一定のマナーがあります
手紙のマナー

■ファーストペイディ■   4月25日 

  • ・新社会人が初めてもらったお給料でお世話になった人に感謝の気持ちを伝える贈り物をすると喜ばれるでしょう
  • ・入社後の生活や仕事への希望を伝えたりして近況報告をします
風呂敷 扇子 手拭