トップ>和足し暮らし>1月>


元々は季節の変わり目の「節句」に神様に供える食べ物でしたが、お正月が一年で一番重要な節句であったところからお正月の祝い膳を「お節料理」と言うようになりました。 「節句」とは神様に供える食べ物という意味もあり、年神さまと食事を共にすることで神様の力をいただき守護を受けると考えられていました。

【お節料理】

  • ・お節の重箱は、外側が黒、内側が朱塗りが本式で三段又は五段の重箱に色とりどりの料理を詰めます
  • ・それぞれの段に決められた料理を隙間なく詰めるのがしきたりです
  • ・中に詰める料理の品数は三 五 七というように奇数に揃えます
  • ・お客様がきてもお節料理だけでもてなせばいいとされ、それは台所で働く女性を少しでも休ませようという意味もありました
  • ・家族や親戚が一同に集まってお節料理で新しい年の御祝膳を囲むこともあり、家族 親族の絆を確かめる機会でもあります
一の重 口取り 酒の肴 黒豆 数の子 かまぼこ きんとん ごまめ
二の重 焼き物 魚肉玉子など 魚の照り焼き 海老 酢ごぼう イカ 菊花かぶら 
三の重  煮物  野菜  肉の煮物 煮しめ 棒だら こんにゃく
与の重 酢の物

野菜 海草の酢の物 

紅白なます 酢レンコン 
五の重 予備の料理   予備の料理を詰め合わせておきます

【お節料理の縁起物】

お節料理には今年一年の家族の幸運を願う意味があり、中でも関東では黒豆 数の子 田作りを、関西では数の子 田作り たたきごぼうが三種肴といって お節料理には欠かせない基本の料理で、これにお餅を添えればお正月を迎えることができるのです。その他にも家族の健康や子孫繁栄、財運を願う料理があります。


 黒豆

 

今年一年が健康でまめに働けるようにという願いが込められてます。また、黒は魔除けの色でもあるのです

数の子

ニシンの魚卵で、たくさんの子供ができるようにという子孫繁栄の願いが込めるとともに「春告魚」と書かれることから春を告げる縁起良い魚とされています

田作り
五万米

(ゴマメ)

田の肥料として使われていた事から五万米という字を当てたり、田作りというように作物の豊かな実りを願う縁起があります

栗金団
勝栗

(かちぐり)

色鮮やかな黄金色にあやかって栗の実を金塊に見立て、財運があるようにと願う縁起があります

栗は勝栗(かちぐり)といって勝利に通じる祝詞(いわいことば)があります

昆布巻き

昆布はよろこぶに通じる縁起と巻物に料理して長寿を願います

海老

海老の長いヒゲと腰が曲がっている姿から老人の姿をイメージして長寿を願う縁起があります

レンコン

たくさんの穴が開いていることから先がよく見通せるようにとの願いが込められています

チョロギ

「千代老木」と書き長寿を願う縁起があります

紅白かまぼこ

仕事や役割りが板につくようにという願いと 紅白にしておめでたい縁起を表します

ごぼう

地中深く根付くことから物事が深く根付くようにとの願いがあります

色と形が美しく赤い色が縁起よく「めでたい」に通じるのでいろいろなお祝事の料理に用いられます

海の幸を代表して大漁の願いが込められています

鰤(ぶり) ブリは成長するに従って呼び方が変わることから出世魚と言われ、出世を願う縁起があります。
伊達巻

巻物を書物に見立てて文化の繁栄を願う意味があります

百合根

ユリ根は、食用とされるユリの鱗茎のことです。 中国では古名を佐韋(さい)と言い、ゆりの霊力が天上の扉を開くと信じられていました。また、一個の珠から二つの芽を出すので夫婦和合の象徴とされています。 栄養豊富で漢方薬としても使われています

南天 「なんてん」は難転と同じ音なので「難を転じる」と考えられ、縁起の良い木といわれています。南天の葉は、お節料理やお祝い膳の飾りに用いられています
千両 千両の実は秋から冬に赤く熟し、翌年2月頃まで見られるます。
名前がおめでたいのでマンリョウ(万両)などとともにお正月の飾り物やお節の縁起物として使われます


【屠蘇】(とそ)
  • ・屠蘇の起源は、中国の三国時代に名医華陀(かだ)が調合した薬酒が始まりといわれています
  • ・日本では1200年前に宮中で飲んだという記録があります
  • ・江戸時代には庶民の間にも広がり、正月には欠かせないものになりました
  • ・関東では味醂(みりん)に、その他の地域ではその地元の酒に屠蘇散(とそさん)を大晦日の晩に漬け、元旦に取り出して作るのが一般的です
  • ・屠蘇は、山椒(さんしょう) ウイキョウ 肉桂(にっけい) 防風 陳皮 丁子 桂皮など数種類の薬種を酒に浸して香りとエキスを抽出します
  • ・屠蘇の飲み方は、元旦の朝、家族揃って神棚 仏壇を拝んだ後、新年の挨拶をしてから最年長者が最年少者(成人)の杯に注ぎ、飲み干してゆき、順次年長者に移ってきます。家族全員がお屠蘇を飲み終わるまでお雑煮やお節には箸をつけません

【雑煮】(ぞうに)

  • ・神が宿ると言われる丸い鏡の形の飾りで神様に供えた餅のお下がりで作ったことが始まりと言われています
  • ・お正月のお祝膳にかかせないものですが、地方やその家のしきたりが代々伝わり「我が家流」のお雑煮を楽しみます
  • ・中に入れるものは、お餅以外はその土地で採れる野菜や魚類が好まれ、一般的には味噌仕立ては関西、すまし汁仕立ては関東が多いようです

【大福茶】(おおふくちゃ)

  • ・元旦の朝、初めて使う水を若水といいます。その水を沸かして入れる新年の祝茶です
  • ・湯呑みに梅干や昆布などを茶碗に入れてお茶を注ぎます
  • ・昔、京都で疫病がはやったときに人々に昆布と梅干を添えたお茶をふるまったところ次第に伝染が収まったといわれています
  • ・この功徳にあやかって毎年元旦に新しい年の無病息災を願って飲むようになりました